会長方針

2019−2020年度
会長 清水三郎

『 和 』親睦と奉仕の調和

基本方針

2019-2020年度マーク・ダニエル・マローニー RI会長は、時代の変化と共に柔軟性を持ち自分達の考えで動いて、クラブの在り方を考え変化していく。
ただし時代が変化しても
①親睦(人類に奉仕)
②高潔性(倫理観と高い職業水準)
③多様性(地域の専門家の集まり)
④奉仕(クラブの活動)
⑤りーダーシップ(世界的指導性)
この5つの中核的価値観は変えてはいけない。
この様に言っています。全ての前会長が等しくご苦労された会員増強をするためにも、変化の時かもしれません。
心を持ちロータリークラブを、例会を、親睦を楽しみましょう。
そしてその楽しい気持を周りの人全てに伝えて行く事が仲間を増やすことにつながっていくと思います。
本年度クラブテーマは、『 和 』親睦と奉仕の調和 としました。
「和」(なごみ)とは、会員各自が、他の会員のロータリー観や奉仕に対する考えを知り、理解し、認め合い、信じあいそして助け合う心を持つことだと思います。
奉仕の心を育む原動力として、会員相互の親睦は決して欠かすことのできない大きな要素です。
私たち一人一人の心の中の奉仕の輪をひろげ、会員みんなの和をすべとのみんなの豊かな人生につながるようにひろげましょう。
どうぞ会員皆様のご理解・ご協力・ご鞭撻をよろしくお願い致します。

<クラブ目標>
(1)会員の維持・増強(女性会員の増強)と、相互親睦の向上
(2)地区研修・セミナーの積極的な参加
(3)ロータリー財団補助金の活用
(4)活動ツールと情報共有のためのマイロータリーの登録活用

以上を本年度の主たる目標とし、全会員で楽しい活動をしていきたいと思います。
どうぞ会員皆様のご理解・ご協力・ご鞭撻をよろしくお願い致します。